PHP – 文字列中から特定の部分を切り出す(substr、strlen、strpos)

こちらもよく忘れてしまうので備忘メモです

substr、strlen、strposを組み合わせて、文字列中に特定文字から特定文字の間を切り出すような操作をやります
順序だてて説明していきます

——注意事項——
記事書いてる途中で、わたしの師匠的な人に聞いたのですが、「phpでsubstr、strlen、strposを使って切り出すようなやり方はアホやで、そんなやり方C言語くらいやろ」という指摘を頂戴しました・・・せっかくなんで、文字列操作的な参考になれば、と記事は書きますが、今回のやり方で切り出しはやめた方がよいです・・・。

preg_matchを使って簡単にできるので、コッチの記事を参考にしてみてください~_:(´ཀ`」 ∠):

 

substr

まずは文字列中から切り出すsubstrです

string substr(string 対象の文字列, int 開始位置, int 切り出す文字列の長さ)
引数 説明
対象の文字列 切り出す対象の文字列です
開始位置 どこから切り出しを開始するか
先頭は0です
負の場合は文字列を後ろから数えます
切り出す文字列の長さ 開始位置から切り出す文字列の文字数
負の場合は後ろから数えた位置まで切り出します

PHPのマニュアルを見ればだいたい分かりますので、サンプルは雑ですがマニュアルをそのまま貼っておきます

echo substr('abcdef', 1);     // bcdef
echo substr('abcdef', 1, 3);  // bcd
echo substr('abcdef', 0, 4);  // abcd
echo substr('abcdef', 0, 8);  // abcdef
echo substr('abcdef', -1, 1); // f

 

ちなみにマルチバイト文字(主に日本語)の場合はmb_substrを使います

mb_substr

string mb_substr(string 対象の文字列, int 開始位置, 
           int 切り出す文字列の長さ, string エンコーディング)
引数 説明
切り出す文字列の長さ 基本同じですが、NULLの場合は文字列の最後まで
エンコーディング エンコードを指定します、省略すると内部文字エンコーディングが使われるので文字化けの原因になると思います

例えば以下は文字化けしてしまうので、mb_substrを使って切り出します

echo substr('あいうえお', 1); // 文字化けしちゃう
echo mb_substr('あいうえお', 1, NULL, "UTF-8");     // いうえお

 

strpos

続いて、文字列中から特定の文字の位置を探すstrposです
コイツを使って、文字列中のどこからどこまでを切り出すか特定します

int strpos(string 対象の文字列, mixed 検索文字列, int 検索開始位置)
引数 説明
検索文字列 対象の文字列から探す文字列です
検索開始位置 指定すると、対象の文字列の検索を開始する位置を指定できます
echo strpos('abcdef', 'c');            // 2

echo strpos('abcdef', 'c', 3);         // FALSE
                                       // 3(dの位置)から探すとcは見つからない

echo strpos('abcdcf', 'c', 3)."<br>";  // 4
                                       // 2の位置にもcがあるが、3の位置から探しているので

ちなみにこちらもsubstrと同様にマルチバイト文字に対応したmb_strposがあります、詳細は省略します

 

strlen

最後に文字列の長さを返すstrlenです
特定の文字を検索して開始位置を定める際に、文字自体の長さを調べる必要があります

int strlen(string 対象の文字列)

ただただ文字の長さを返すだけですね

$str = 'abcdef';
echo strlen($str); // 6

$str = ' ab cd ';
echo strlen($str); // 7

 

文字列中から特定の部分を切り出す

それでは本題です、以下サンプルソースです
今回は$target_textの文中から「ココ」を抜き出したいと思います

//対象の文字列
$target_text = "この文章からdelimココ区切りを抽出します";

//区切り文字(開始)
$delimiter_start = "delim";

//区切り文字(終了)
$delimiter_end = "区切り";

//開始位置
$start_position = strpos($target_text, $delimiter_start) + strlen($delimiter_start);

//切り出す部分の長さ
$length = strpos($target_text, $delimiter_end) - $start_position;

//切り出し
print substr($target_text, $start_position, $length );

少し補足

開始位置は検索対象の文字列から探しますが、strposは見つかった最初の位置を返すので、文字自体の長さ(今回は「delim」の5文字分)が考慮されていません。なので、strlenの分だけ開始位置を後ろにずらします。
終了位置も補正が必要で、切り出したい文字列の長さを求めます。今回の場合は、

「この文章からdelimココ」の長さから「この文章からdelim」の長さを引いた、つまりは「ココ」の長さ2文字分を求める必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です